Event is FINISHED

知的ボーダーの子どもの教育と未来を考える[オンラインセミナー]

Description
知能指数が決める知的能力の危うさ
現代の生活で求められる知的機能(認知、言語、運動、社会的能力の総称)は、ICTの発展により大きく変化しています。知能検査は設定された能力を測定しているだけで、その範囲以外で優れた能力を発揮してもそれはIQには反映されません、そのため能力を過小評価される子どもが多くいます。

ICTによる知的機能の補助・代替
知的ボーダーや軽度知的障害の子の中には、スマホで漢字交じりのメッセージを交換し、最新のサービスを使いこなし、他の学生と変わることなく生活している子がいます。ICTツールを使用すれば、進学や一般就労・起業が出来る子どもも含まれると考えられますが、残念ながらそういった視点での教育は行われていません。知的障害者の能力をICTでエンハンスすることでスティグマを消し新しい自立モデルを生み出すことができるはずです。

能力を活用できる場の無さが生み出す社会的損失
社会にある不合理なルールやシステムが子どもに不必要な努力を強いている場面があります。運転免許試験の漢字や二重否定文などに引っかかり苦労する人の中にも、実際の運転中に尋ねれば正しく答えられる人もいます。読み書きが運転知識の本質ではないにも関わらず、誰も試験問題に踏み込んでいません。学校や職場にある既存のルールや社会システムの見直しによって彼らが活躍できる場が生まれるはずです。

知的能力に困難を抱える子どもたちを吸収しにくい社会をどのように変えていけるのか?
日曜日の朝、温かい飲みものを手に考えてみませんか?


  主 催東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野
  共 催株式会社ゆたかカレッジ

  日 時:2020年11月29日(日)10:00-11:30
  場 所:Zoomオンライン
  定 員:500名
  参加費:無料 事前登録が必要です。下記の注意事項も確認ください。
      ご登録頂いた方にZoomアドレスをお知らせします。


  スケジュール:
  09:30- オンライン入室開始
  10:00-11:00 3人の実践研究者による話題提供
  「知的ボーダーの子どもの抱える課題とその突破口」
   中邑 賢龍(東京大学先端科学技術研究センター 教授) 
  「知的ボーダーの子どもの大学進学の可能性と意義」
   長谷川 正人(ゆたかカレッジ 学長) 
  「ICTは知的ボーダーの子どもの学びをどう変えたか?」
   青木 高光(国立特別支援教育総合研究所 主任研究員)
  11:00-11:30 ディスカッション


講師ご紹介:
 中邑 賢龍
1956年山口県生まれ。異才発掘プロジェクトROCKETなど社会問題解決型実践研究を推進。バリアフリー社会の実現を目指してITなどのテクノロジーをどう活用するかを研究中。

 長谷川 正人
1960年福岡県生まれ。知的障害者の高等教育の機会を全国各地に普及すべく知的障害者の福祉型カレッジ「ゆたかカレッジ」を拡大中。

 青木 高光
1967年長野県生まれ。シンボルコミュニケーションアプリ「DropTalk」の開発者でシンボルを使ったコミュニケーション実践でも我が国をリードしている。


PDFファイルでのご案内はこちらから


問い合わせ先:
info◎comsuru.com(◎を@に変えてください)
www.comsuru.com

▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
!注意事項!
▶︎今回のウェビナーはZOOMを用いて開催いたします。パソコンでZOOMを初めて利用される方は、こちら からダウンロード及びにアカウントの登録を行っておいてください。また、スマホやタブレットを利用される方はアプリのインストール及びにアカウントの登録を行っておいてください。なお、アップデートがあった場合は最新版を利用してください。
▶︎操作に不慣れな方は、当日使用する端末で こちら からテストミーティングに参加し、指示に従ってビデオまたはオーディオの視聴テストを行っておいてください。


・オンライン会議の使用方法や操作方法につきましては、当方ではサポートできません。ご利用されるデバイス(機器)、インターネットの通信状況等により、参加できない場合があります。事前に環境の確認を行っておいてください。
・参加ご本人の責任において、参加に必要なデバイスや、通信環境のご準備をお願いいたします。インターネットの通信費は参加者のご負担となります。
・受講は申込みご本人に限定しますので、参加用のURLを他者と共有などしないでください。
・本ウェビナーは、運営者の都合により中止、延期、または中断する場合があります。
・本ウェビナーは記録または録画配信のため、当方にて録画いたしますが、参加者側での撮影・録画・録音等の記録は禁止いたします。
・本ウェビナーの動画や音声等すべての知的所有権は講演者及び運営者に帰属します。
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#840831 2020-11-27 22:26:34
More updates
Sun Nov 29, 2020
10:00 AM - 11:30 AM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット FULL
Organizer
comsuru
587 Followers

[PR] Recommended information